公立学校共済組合 九州中央病院

九州中央病院

病んでいる人の人権を尊重し、健やかで心豊かな社会を作るための医療を提供します。

所在地 福岡県福岡市
病床数  330床
導入時期 2006年10月


 スーパーサポートシステム(SSS)の導入の決め手は?


■ 薬剤管理指導業務支援システムの導入に際し、どの様な部分を重点に決定したのか?

薬剤管理指導業務支援システムは、色々なメーカーさんのものが市場に出ておりますが、
一番重点を置いて検討したのが、
 1.薬剤師が本当にその機能を活用出来るか(薬剤師が使いやすいと思えるシステムか)
 2.標準化が可能か(監査対応も含む)
 3.効率化が本当に図れるか(システム導入により時間の捻出が可能か
この3点に的を絞って検討いたしました。

病院イメージ

■ では、最終的にどの部分で決定したのか?

最終的には、いくつかの病院に見学に行き他社のシステムではきちんとした運用が出来ていなかったこと
SSSがあれば薬剤師が使って確実に指導実績をアップ出来、更に指導業務以外の時間の捻出が出来ることが現実的であったことが決定の理由です。

■ 電子カルテ・オーダリング等に付随しているシステムの検討はしなかったのか?

監査に耐えうる内容で標準化を行えるという点では、他のシステムでは不可能でした。
電子カルテとの情報の一元化も可能なので、薬剤師が作成した記録はすぐに電子カルテに反映され院内の情報連携に役立っています。電子カルテ等に相乗りしているシステムもありますが、 薬剤師がうまく活用できないシステムでは意味がありません。
他のシステムではマスタの登録作業などが薬局の負担になり、正直大変だと思いますが、SSSではその心配もいりません。毎月送られてくるデータベースの更新さえしておけば、ほとんどマスタメンテナンスの手間もかからないのです。
携帯端末で病棟に上がれることも大きなメリットです。当院ではこの機能で外来の化学療法の管理に利用しています。
SSSは定期的なバージョンアップで我々病院薬剤師が欲しい機能がどんどん増えています。
進化し続けるシステム・・・他社との大きな差だと思います。

 

パソコンイメージ


※(ご注意)この記事の内容に関するご質問等は、株式会社アイシーエムまでお願いいたします。