■ 薬剤管理指導業務って?

「薬剤管理指導業務」と聞いて何を思い浮かべますか?

 薬剤管理指導業務とは、主に入院患者に対して2つの目的をもって行われる業務です。

 1つめは、患者の薬歴を管理し、適切な服薬指導を行うことで、患者さんに薬物療法への認識をもってもらうことです。処方された医薬品や持参薬の量や服薬期間などの情報を記録するとともに、効果・副作用を正しく理解するように指導し、飲み忘れや不適切な服用を防ぎます。

 2つめは、入院患者から服薬状況や、服薬による症状などの情報をヒヤリングして記録し、医師にフィードバックすることです。副作用や相互作用を確認・記録し、医師や看護師と連携して適切な処置を行い、薬物療法を支援します。


■ スーパーサポートシステムって?

 私たちアイシーエムの「スーパーサポートシステム」はこの「薬剤管理指導業務」を支援するシステムです。処方される薬剤には膨大な種類があり、副作用、相互作用、併用禁忌、ハイリスク薬投与、疾病禁忌など、より高度な薬物療法の安全管理が求められています。

 多忙な薬剤師が限られた時間の中で、可能な限り多くの患者に対して、より適切な薬剤管理指導を行えるようにしたい。

 スーパーサポートシステムは、現場の先生方と共同開発を行い、より実用的であること、より効率的であること、より安全性を高めることを目的に開発されてきました。「持参薬管理」や「病棟薬剤業務」など、その業務の範囲と責任は重要性を増しています。

 医療の変革とともに生き続けるシステム、それがスーパーサポートシステムです。


■ システムから未来の医療を応援したい

 私たちは、このシステム開発を通して、医療の発展・信頼に貢献したいと考えています。

 そして、働く上で「プロフェッショナルであること」「チームワークを重んじること」「チャレンジ精神を持つこと」をこころがけています。

 病院にとっての最善の選択の提案、よりよいソリューションの提供。私たちアイシーエムの働く原動力です。

 プロフェッショナル

高いプロ意識と成長意欲を持って取り組んでいます。

 

チームワーク

互いに尊重し、助け合うつながりを大切にしています。

チャレンジ

固定観念にとらわれず、柔軟な姿勢で、次のステップを目指します。



スーパーサポートシステム
会社情報
アクセス
お問合せ